通訳案内士試験道場

通訳案内士試験道場は、通訳案内士試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに中国語・韓国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

海外から訪れた人が安心してガイドを任せられる国家資格、通訳案内士試験は、非常に厳しい試験となっています。外国語・一般常識・日本地理・日本歴史・通訳案内における実務といった5科目をマークシート及び記述による筆記試験で行うのが1次試験、面接官の前で10分間テーマに沿った通訳やプレゼンテーションを行うことが2次試験です。合格率は9パーセントから20パーセントの間となっており、平均値としては13から15パーセントの間となっています。しかし、通訳案内士試験受験者のうち約8割が1次試験で落ちており、2次試験では受けた過半数、6割以上が合格しているという状態です。これは筆記試験で落とされている人が非常に多いといわれていることがわかるでしょう。筆記試験対策として、通訳案内士試験道場と呼ばれるスクールに通って、1次試験対策を行っている人もいます。詰め込み式の暗記だけで行う授業ではなく、予習・復習を行いながら毎回授業ごとにテーマに沿ってプレゼンテーションやディスカッションを行うことで、授業で出てきた内容に対する知識を深め、相対的に理解できる形を取っているのが特徴です。授業で単に暗記だけをしている人よりも知識が深く、通訳案内士試験合格後にガイドをしていてコミュニケーション力が高いガイドとして評判になる可能性があります。資格を取るということは、単に資格を取っておくだけではなく、資格を取って海外の人をおもてなしで切るコミュニケーション能力や知力を養うことだと教えているのが通訳案内士試験道場の教育の根幹といえるでしょう。学習に対して厳しい姿勢で臨んでいるため、講師からのアドバイスも厳しいけれど適確で、納得できる形で学習できるといわれています。また、1次試験対策の授業コースであっても、内容は1次・2次共通するものとして生涯において役立つ学習内容といえるでしょう。無料体験授業をやっているため、あらかじめ合うかどうか確認してから参加している人が少なくありません。
Tagged on: , 通訳案内士試験道場(中国語・韓国語地理・歴史・一般常識)